NEWS LETTERSニュースレター
ITEM情報
2018.12.13
美しき日本の文化を体現

近頃は結婚式で「和装」の花嫁様をお見かけすることも多いのではないでしょうか?

また、その優美で可憐なお姿に和装への憧れをお持ちになる方も多いことと思います。

 

これからご結婚式を控えた花嫁様、

お色直し、または前撮りにて和装はいかがでしょうか?

日本の伝統衣装である「白無垢」「色打掛」。

花嫁にしか着ることができない特別なお衣裳ですので、

この機会にぜひお召しいただくことをおすすめいたします。

 

%e8%8d%89%e5%b1%a5

 

本日は「疋田道長花車文」というお着物をご紹介させていただきます。

美容家で有名な「IKKO」さんによるデザインの色打掛。

磨かれた感性により図柄や配色が考えられ、華やかな色打掛が作られました。

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e2%91%a0

四季折々の花々を満載した花車が、花嫁の幸せを表すかのような明るく華やいだ一枚です。

牡丹は富貴、菊は重陽、疋田であらわされた松は長寿、

とおめでたづくしな吉祥文様の柄行は、道長取りという図案の取り方で場面が取られ、

様々な地色に金彩・・・と息をつかせない豪華さが魅力です。

 

ターコイズブルーの中にも深い緑や朱赤、紫など様々な色が取り入れられておりますので、

掛下や5点セットなどの色合わせもバリエーション豊かにご提案できます。

 

粋な黒の掛下を合わせたコーディネート。

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e2%91%a1

色打掛の鮮やかな色を際立たせるように、

あえて暗めの掛下を合わせコントラストを楽しんでいただけます。

大人な花嫁様にぜひお召しいただきたいコーディネートです。

 

かのこの若草色ががさわやかな印象を与える掛下を合わせたコーディネート。

ちらりと覗く帯揚には発色の良い紫色を使用し、きりっとしまった印象にも。

%e5%9d%82%e5%8f%a3%e3%81%95%e3%82%93

5点セットには銀刺繍が施されたものを合わせ、

こちらも色打掛の色味を際立たせるようにコーディネートしました。

 

「色打掛」はご披露宴でのお色直しに選ばれることが多いですが、それには意味があります。

挙式後に「嫁ぎ先の色(家風)に染まった」ことを示し、

吉祥文様で花嫁の旅立ち度両家の繁栄を願うとされてきました。

結婚式が多様化する現在でも、やはり昔からの伝統衣装である「色打掛」」は独特の魅力を持っています。

 

たくさんの専門用語や難しそうな衣装の柄名のある和装のお衣装。

興味を持っていただいたお客様は、

ぜひ何でもスタイリストに聞いてみてくださいね!

フェアや試食会に参加

さまざまなフェア・イベントをご用意しています

気軽に会場見学したい

実際に会場が見たい、フェアへの参加が難しい方

お電話でのご予約・お問い合わせも承っております。
BRIDAL FAIRおすすめのブライダルフェア