NEWS LETTERSニュースレター
ITEM情報
2018.11.13
アクセサリーの選び方

ウェディングドレス

 

結婚式当日は気を配ることがたくさんありますよね。

せっかくドレスやブーケについては打ち合わせをしたものの、

アクセサリーまで気が回らなかった、という声もチラホラ。

 

 

理想のコーディネートを叶えるために、

これだけは押さえておきたいブライダルアクセサリーの最新トレンドや雑学についてご紹介します!

キャトルセゾン浜松 ウェディングアクササリー

 

ブライダルアクセサリーにはドレスに合わせてデコルテラインや耳元、

首筋を美しく見せるネックレスやイヤリングのようなジュエリー、

手元に華やかさをアップするブレスレットなど用途によって様々なタイプがあります。

 

 

ブライダルアクセサリーは当然ドレスとのコーディネートを考える必要があるので、

まず自分の選んだドレスに合うアクセサリーは何かという視点で考えていきましょう。

 

まず最初に選んで欲しいのがネックレス。

Vネックドレスの場合は長めのネックレスでデコルテを引き立たせることが出来ますが、レースが多いハイネックドレスの場合は何も付けない方が◎

カラードレスにはシンプルで小ぶりパールネックレスなどを合わせると落ち着いた雰囲気が出るのでバランスがいいでしょう。

ネックレスが決まったら次にイヤリングを選びましょう。

ネックレスとの相性を考えることはもちろんですが、ヘアスタイルとの相性も重要なポイントです。シニヨンやポニーテールなどのアップスタイルだと、耳と首筋がはっきりと見えているので、最近人気のパールシャワーイヤリングやタッセルタイプ、シャンデリアピアスなど長めのイヤリングがエレガントさをアップさせてくれます。

一方、人気のハーフアップなどダウンスタイルの場合、短めのピアスや、ボリューム感のあるビジューなどがおすすめです。

ブレスレットはマストアイテムというわけではなく、長いスリーブや手袋をコーディネートする場合はあまり目立たないので、むしろブレスレットなどをつけないほうが手元がすっきりとした印象になります。

 

ただし、挙式では指輪交換、披露宴ではケーキカットや

涙のシーンで手元を写真に撮られることもあるので、結婚式当日のシーンに合わせて付け外しするのもいいかもしれません。

ブレスレットで人気なのはお花たっぷりのリストブーケですが、

最近はビジューブレスレットをオーダーメイドしたり自分でDIYする方も多いようです。

大ぶりのビジューブレスレットはやはり手首や腕を細く見せられるのでノースリーブのドレスだと嬉しいですよね。

 

最近はお気に入りのオリジナルアクセサリーを持ち込める式場も多いですが、持ち込み料やオプション費用が発生する場合もあるので、希望があれば事前にプランナーさんに相談しておきましょう。
お気に入りのドレスとぴったりのアクセサリーコーディネートで理想のウェディングを作られますように。

フェアや試食会に参加

さまざまなフェア・イベントをご用意しています

気軽に会場見学したい

実際に会場が見たい、フェアへの参加が難しい方

お電話でのご予約・お問い合わせも承っております。
BRIDAL FAIRおすすめのブライダルフェア